株式会社テクナレッジ

株式会社テクナレッジ・ジャパン
(Teknowledge Japan Inc.)

Home  |   生産システム事業  |   ミャンマー事業  |   会社概要  |   お問い合わせ

ミャンマー

豊かな農村 in ミャンマー
(Soil, Soul & Society in Myanmar)

 自然エネルギーの利用による
 “豊かな農村”の実現

背景

 ミャンマーに民主化の扉が開かれ、急速に工業化の波が押し寄せつつあります。
一方、ミャンマーは大自然の恵みの宝庫であり、未開拓であるが故のメリットを生かし、自然環境を考慮に入れた『分散型地域社会』を構築し、“都市と農村の格差”といった課題に早くから取り組み、農村が疲弊することを避けなければなりません。
また、世界的な食糧危機が叫ばれているなか、『食料の生産基地』としての可能性も秘めています。

 “Small is beautiful.”の著作で有名な、E.F.シュマッハーが設立した学校を主宰しているサティシュ・クマールの著作、ソーハム(彼は我なり)の一節 『Soil , Soul & Society』 を胸に、『豊かな農村』を築くことに有志が集い、協力しようではありませんか。

事業の基本コンセプト

事業の基本コンセプトは、ミャンマーの7管区・7州の自然特性を活かした1.5次産業の創出と、自然エネルギーの利用による“豊かな農村”の実現にあります。

豊かな農場

 *画像をクリックすると拡大します。

事業の基本スキーム

事業の基本コンセプトに基づく、基本スキームは次のとおりです。

基本コンセプト

 *画像をクリックすると拡大します。

関連情報

関連機関
・特定非営利活動法人 メコン総合研究所
 (http://www.gmijp.net/)

関連図書
・サティシュ・クマール
 「君あり、故に我あり(YOU ARE therefore I AM)」
  (尾関 修・尾関沢人訳、講談社学術文庫、2005年)

・髙橋 昭雄
 「ミャンマーの国と民」(明石書店、2012年)